オンラインで特性インピーダンスと伝搬遅延時間を解析できます。 GreenExpress V2 の一部の機能を用いて解析します。
(本ページはリンクフリーです。ご自由にリンクを張ってご利用下さい。)


 使用方法
  1. GND層数(1〜2)と誘電体層数(1〜3)を選択して下さい。
  2. 誘電体の比誘電率(Er)と高さ(H)を入力して下さい。(半角数字)
  3. 信号線の厚さ、幅(上底と下底)、高さ(中心のY座標)を入力して下さい。(半角数字)
  4. 解析ボタンを押して下さい。特性インピーダンスと伝搬遅延時間、キャパシタンス、インダクタンスが表示されます。

    注;寸法の単位系は任意です。

 オンライン解析
 層構成と特性 (GND層数と誘電体層数を選択して下さい)
    GND層数    (ブラウザの"戻る"でこのページに戻った場合には、正しく表示させるために再選択して下さい)
    誘電体層数   ( 〃 )
          

    誘電体 (上図中に表示されている項目を入力して下さい)
        Er3    H3 
        Er2    H2 
        Er1    H1 

 信号線 (右図を参考に入力して下さい)
    厚さ    
    上底    
    下底    
    高さ     (信号線中心のY座標)




 入力例 (マイクロストリップラインの例)


 製品との相違点
  オンライン解析 製品
GND層数 1〜2層 0〜2層
誘電体層数 1〜3層 1〜5層
信号線本数 1本のみ 1〜10本
GND線本数 無し 0〜5本
信号線/GND線形状 台形 正方形、長方形、台形、円、楕円、任意多角形
出力項目 特性インピーダンス、伝搬遅延時間、
キャパシタンス、インダクタンス
特性インピーダンス、伝搬遅延時間、キャパシタンス、
インダクタンス、直流抵抗、導体断面積、差動インピーダンス、
近端クロストーク係数、SPICEモデル、他
その他 断面図表示、オプション設定、他
製品案内ページへ     評価版ダウンロードページへ